ハーレーのホイールの種類とサイズ-メリット、デメリット-

まずホイール?って

フロントホイール、リアホイール→ いわゆる前と後ろですね

フロントホイールは純正だと3種類ほど。
中にはカスタムホイールなどもありますが
基本的には16、19、21インチである。
一般的に数字が大きくなるほど細くナローなホイールになる。
リアホイールは16インチなことが多い。

代表的なホイールは3種類
メリット、デメリットも併せて紹介。

スポークホイール

スポーク

リム部分からホイール中央にむけてワイヤーが張り巡らされているのが特徴である。
ワイヤースポークホイールともいわれる。

基本的にはスチールの物が多く、軽量で衝撃吸収に優れてるといわれている。
また横風の影響を受けにくく安定し。現状販売されているほとんどのバイクのホイールがスポークかと思う。

本数は大体36本で、カスタムホイールだと本数が増え120本スポークのものまでと様々。
そこまでいくと重量がかさみ重くなってしまう。
またスポーク自体がねじってあるツイストスポーク(強度は弱い)や太いファットスポークとよばれるものもある。

一番のデメリットは洗車時に磨きにくいこと。
スチールにメッキ処理されてるのが一般的。中にはステンレスのスポークもあったりする。
どんなスタイルにも似合いますがロングフォークのチョッパーについているのはとても似合う。

キャストホイール

キャスト=鋳造 ダイキャストから名づけられた。
溶かした金属を型に流し込んで作られたものである。

キャストホイールは、材質としてはアルミ、鉄、マグネシウムなどで形成されていますが、軽量かつ、丈夫なことから人気がある。
また様々な形があるのも魅力の一つである。

FX、FLHのショベルの時代には7、9、16本の物があり。
今では13本の物まで様々。

16インチ11本キャスト

見た目からビンテージなルックス。剛性のよさ、横風も受けないというメリットもある。
また、洗車時もとても磨くのが楽。
ショートフォークのチョッパーとは相性がいい。

ディッシュホイール

名前の通り→ディッシュ=皿で横から見ると反対側が見えません。
剛性が強く、洗車時も磨きやすい。しかし、難点としては横風を受けやすかったり、重かったりといったデメリットがある。
ロングフォークには合わないですが、ボバ―系のチョッパーには重厚感がでてとてもよく似合います。
フットボードが装着された車両などの相性は抜群。

ホイールのサイズについて

ホイールを大きくすることで直進時の安定性が増す。
小さくなるとコーナーでの安定性が増したり、ハンドル操作が軽くなる。

最近ではフロントホイールのサイズも増え。
23、26、30インチを超えるものから幅の広いワイドホイールなどもある。
360mmまでリリースされていて、圧巻のリアビューになる。
ただし、走行時の安定などは。。。あくまでも見た目重視になりますが人と違うカスタムをしたい方は参考に。

ワイドタイヤ幅250mm

また、ホイールを太くしタイヤも太くなるとコーナーの安定性は上がる。
またタイヤの接地面が増えるのでブレーキはききやすくなる。しかし太すぎても曲がりにくくなるので常識の範囲で選んでいただきたい。

ホイールのサイズが変わることによってのバランス

フロント16インチリア16インチ
フロント19インチリア16インチ

https://www.jewel-machines.com/simulator/

引用 ジュエルマシーンズ カスタムシュミレーター

フロントのホイールを変えるだけでこんなにもイメージが変わる。素敵なバランス、乗り味なども参考にし、是非自分のスタイルをえらんでいただきたい。

-TOPICS, ニュース, バイク
-, , , , , , , ,